ホワイトボーテ

2017/07/23 12:29:23 |
顔のシミをとる場合、皮膚科では出力の高いレーザー治療をおこない、エステサロンでは出力の低い機器で施術します。医療機関での治療は比較的早く結果が期待できますが、エステサロンでは長い期間を要します。しかし、医療機関での施術でも完全にシミがなくなる場合もあれば、そうもいかない場合もあるようです。皮膚科でシミをとるには皮膚科は シミ取り専用のレーザーを使うため、長年悩んでいたシミも比較的簡単にとることができます。ただ、レーザーで取れば完了というわけではありません。シミはいったん取れても数か月後に再発するタイプのシミも多くあります。これは失敗というわけではなく、人の体はそういったもののようです。再発を防...
2017/07/19 22:12:19 |
トレチノインやハイドロキノンはニキビやニキビあとのシミを消すだけでなく、アトピーにも効果があるので、肌トラブルで悩む人たちにとっては朗報です。しかし、効果があるだけに正しく使用しないと、返って肌荒れをおこしてしまうこともあります。市販の化粧品に含まれている成分量はごくわずかなので大きな問題はないようですが、個人輸入などでクリニック並みの成分が見込まれるものを使う場合は注意が必要です。トレチノインとは?トレチノインはビタミンA誘導体で、ビタミンAの100倍〜300倍の効果があります。しかも、この成分は人の体にある成分のためアレルギー反応を起こすことがありません。トレチノインの美肌効果としては、肌...
2017/07/09 18:00:09 |
40代女性に多いシミは主に三つあります。老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)1つ目は老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)と呼ばれ、長年紫外線を浴びることで顔、腕、手の甲に現れるシミの代表格です。早い人で30代、遅くても40代からできやすくなります。2つ目は肝斑(かんぱん)と呼ばれ、頬骨に左右対称で現れるぼんやりしたシミです。女性ホルモンの影響が関与しているとされ、女性ホルモンが乱れやすくなる40代からできやすくなります。3つ目は脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)と呼ばれ、イボのようにポツンと膨らんだシミです。別名“老人性いぼ”と呼ばれ紫外線や加齢が原因で、体にも現れるのが特徴です。これ...
2017/07/08 18:56:08 |
紫外線とターンオーバーの乱れがシミの主な原因です。紫外線を浴びると皮膚内のメラニン色素が沈着し、それが黒点になって現れます。この黒点がシミです。肌のターンオーバーが正常であれば、28日周期で古い角質は剥がれ落ちて新しい肌へ生まれ変わります。ですがストレスや年齢などでターンオーバーが乱れると、肌の再生能力が低下し、いつまでも古い角質が残ってしまう状態に。様々な肌荒れに加えシミが濃くなる、シミが増えるなどのトラブルにもなってしまうのです。ピーリングとはピーリングとは英語で“剥ぎ取る”の意味を持ち、肌の古い角質を取り除く“角質ケア”の一種です。古い角質を剥がすことで毛穴が詰まりにくくなるため、以前は...
2017/07/05 22:46:05 |
シミの種類「シミ」と一言で言っても、その種類はとても多いです。老人性色素斑(ろうじんせい しきそはん)肝斑(かんぱん)ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)ニキビ跡・傷跡・炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃくそばかす・雀卵斑(じゃくらんはん)脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)などシミの種類によってその治療法もさまざまあり、その治療法としても違ってきます。肝斑(かんぱん)とは、シミの中でもやっかいで、治りにくいシミだといわれています。また、治療法を間違えてしまうとますます症状を悪化させることもあります。シミのできる原因とは?シミができる原因としては、...
2017/06/25 16:23:25 |
ニキビには大きく分けて、毛穴に汚れが詰まっているだけの「白ニキビ」と、炎症を起こしている「赤ニキビ」の2種類があります。このうち「赤ニキビ」は、適切なケアを行わないとのちに酷い炎症を起こし色素沈着を起こしてしまう可能性があるため、悪化させないように気を付けなければなりません。ニキビが炎症を起こしたり化膿することで、肌の奥でメラニン色素がたくさん作られます。このメラニン色素こそが、シミを作る大元なのです。ニキビ跡が色素沈着を起こしてシミになってしまったら大変ショックですよね。そうならないためにも、赤ニキビが出来てしまったら必要以上に触ったり刺激を与えたりせず、治りが悪いようなら早めに皮膚科で診て...
2017/06/05 16:20:05 |
本当にシミを薄くできる!と、大変人気の「アンプルール」。ここでは、アンプルールの商品の特徴や、どのようにシミに効果を発するかなど、その仕組みを説明していこうと思います。アンプルールは非常に人気の高い美白コスメですが、なぜこれほど人気があるのかというと、実際に効果を感じている人が大勢いるからです。アンプルールの一番の特徴は「究極の美白成分」と言われる「ハイドロキノン」が配合されていること。ハイドロキノンは、その効果の高さゆえに扱いが難しく、間違った使い方をすると肌を傷めてしまう危険性もあります。そこで、アンプルールが開発した「新安定型ハイドロキノン」によって、これまでのハイドロキノンよりずっと肌...
2017/05/25 18:29:25 |
「どんなに優れた成分も、届かなければ効きません。」これは、ニキビ、毛穴、シミ、などへの効果が最近話題になっている「ビーグレン(b.glen)」のキャッチコピーです。世の中には、さまざまな効果を謳った化粧品があふれていますが、肌にとってどんなに素晴らしい成分が含まれていても、それがきちんと肌内部まで浸透しなければ、その成分の効果は無意味になってしまいます。「ビーグレン」は、お肌のトラブルとなっている原因の元までしっかり浸透させることを目的に、アメリカ医療界における「浸透テクノロジー」の第一人者ブライアン・ケラー氏によって開発されました。この浸透テクノロジーによって角質の奥まで美容成分が行き渡り、...
2017/05/23 22:49:23 |
ハイドロキノンは元々、医療機関でのみ用いられていた美白効果の高い成分ですが、2001年から薬事法が規制緩和されたため、市販の化粧品にも用いられるようになりました。ハイドロキノンは、すでにできてしまったシミにも効果があるため、注目を浴びています。ほとんどの美白クリームがシミの予防を目的としているのに比べ、ハイドロキノンは画期的な美白クリームといえます。ゴムなどが劣化するのと同じように肌も年齢を重ねると劣化し酸化しますが、ハイドロキノンにはその酸化を抑える作用があります。市販のクリームは医療機関で用いるほど濃度が高くないため、比較的安心して用いることができます。ハイドロキノンはどんなシミ効果的かハ...
2017/05/01 19:05:01 |
「気になるシミやそばかすを消したい!」と思ったときに、最初にシミ・そばかす対策として取り入れやすいのは、美白化粧品ですよね。その中でも、お肌に絶対に欠かせないのが化粧水!美容液は使っていないけど化粧水は絶対に朝晩の洗顔後に使っている方も多いですよね。しかし、シミやそばかすを消す為の美白化粧水は、たくさん出回っていて、どれを選ぼうか迷ってしまうことってありませんか?本当に化粧水でシミを消せるの?どんな化粧水がシミを消すのに効果的なの?ここではそんな疑問にお答えするべく、シミ消しに効果がある美白成分や人気の高い商品についてご紹介していきます。美白化粧水でシミを消す事ができるのか?今まで美白化粧水を...